釣り人生初の落水

今年は意外とよく降る梅雨ですが。

この梅雨さえ明ければ、いよいよ夏が近づいてきましたよね。

夏といえば水泳!

今年は冷夏だってニュースもありますが。

関係ないです!

一足早く、泳ぎを堪能してきましたよ!

・・・・津久井湖で・・・

・・ええ・・初のボートからの落水を経験しました。

雨の日は落水の危険性がアップ

最近仕事でお疲れ気味のワタクシ。

疲れてる上に、やけによく降る梅雨じゃないですか?

霞ヶ浦も戸面原ダムもアシが遠のくばかり。

またも近場の津久井湖に逝ってしまったんですよ。

この日の予報は朝方だけ雨。

後はくもりで、午後からは晴れなんて大ウソに騙されてご登場。

この日はバスの居場所がまったく見えず、朝からノーバイト。

昼前にスピナーベイトで1匹バラシ。

サカナはバンクから少し離れた、3~4mラインにいそうだと気づき始めたところで、バンク際のカバーでの待望のバイト。

すっかり翻弄されてしまいました。

元がシャローマンというかバンクビーターというか、浅場専門の浅い男のワタクシ。

何かと言えば、シャローに居残るいいわけを常に探してる。

んで、釣れないままシャロー撃ちを続行。

本来は14時で上がるつもりだったのに、釣れないもんだから結局ラストまで。

おまけに午後から晴れるどころか、夕立みたいな豪雨ですよ。

疲れ果ててるものだから、ボート内の排水もせず。

時間ギリギリまで粘って、無様なノーフィッシュ野郎として帰着したんです。

皮肉にも、帰着になって雨がやんで晴れてきた。

この日はいつもの安定性抜群の免許不要艇じゃなく、普通のローボート。

タックルや小物を桟橋に上げ、残るはエレキとバウデッキ、すでに接続を外したバッテリーのみ。

ここで何を思ったのか?

桟橋からボートに飛び乗ってしまったんです。

もともと腰痛持ちで足腰があやしいのに、疲労度マックスでのこの暴挙。

右足がボートに乗っかった瞬間、バランスを崩してグラリ。

ボートが右側に大きく傾く。

するとボート内に溜まった大量の雨水が、重心移動システムのようにさらに右側に移動。

右舷が水面より下がり、大量の水が一気になだれ込む。

半沈ですよ。

私はボート左側に移動しようともがきましたが、到底ムリ。

そこで、

「もうそうなったら、水中に落ちた方がラクですよ!」

ってボート屋さんの声。

そこであきらめて水中に入ると同時に、ボートがひっくり返ってチン。

不思議とパニックになっていなく、異様に冷静でした。

まあ湖の沖とかじゃなく桟橋だったし。

ライジャケの紐を引っ張るまでもない、と思いながら、上がれる場所を探す。

となりのボートに這い上がって、ひっくり返ったボートを起こせるか試してみました。

ボートは係のお兄さんがなんとかしてくれましたが。

ボートに付けたままだった、エレキとバウデッキ、そして魚探は水に浸かった状態。

バッテリーは湖底に水没ですよ。

タックルやルアーボックスが、すでに桟橋に移動済みだったのが不幸中の幸い。

ボートが浸水して半沈のままなので、ボート屋さんのスタッフの方がポンプで排水するのをじっと待ちます。

あの時、排水が終わるまでボートを反対側から支えてくれた若いバサーの方、本当にありがとうございました。

排水が終わると、スタッフの方が根掛かり外しみたいな棒を持って来ます。

湖底に沈んだバッテリーの引き上げです。

しばらく探ると、無事に引き上げ成功。

湖底に有害なゴミを残さなくて良かった。

そこでスタッフの方、

「これ、購入してどのくらいですか?」

え?なんでそんな質問を?

ちょうど1年ぐらいだと答えると、

「たぶんイケますよ。再使用可能ですよ」

と信じがたい言葉。

だって水没したんですよ?まさかでしょ?

驚いて質問すると、バッテリーの水没はよくある事故で、その後に再使用してるバサーは大勢いるとか。

エレキはメンテすればイケると予想してましたが、バッテリーも?

とりあえず片付けの続きをしながら、水没の被害をチェックです。

ポケットの中身は?

まず最初にチェックしたのが、落水した際に身につけていたブツ。

セキュリティのリモコンが付いたクルマのキーとスマホ。

私のiphone、防水機能が装備される前のモデル。

ここでラッキーだったのが、雨なのでレインギアを着てたこと。

レインギアのポケットのおかげで、浸水が最小限で済んでいた!

キーはまったく濡れておらず、スマホも一部が濡れただけ。

深刻な水没はなく、一日乾かしただけで再使用可能でした。

被害はタバコとライターだけ。

エレキや魚探、バッテリーは?

帰宅してから、機材をチェック。

まず魚探は心配してませんでした。

ロランスは全製品が防水構造のはず。IPX7だったかな?

1mの水中に30分くらい浸かっても、浸水は防げる構造。

次にエレキ。

水没どころか、雨でもヘッドから浸水するくらいに防水性はない。

買ったばっかりの頃、桧原湖の隣の曽原湖でのどしゃ降り釣行時。

ヘッドから浸水してショート、エレキが暴走した事あります。

フットスイッチ踏んでないのに、マックスパワーで暴走するんですよ。

ただ逆に、その時の経験から今回も楽観してました。

あの時も水が乾いたら、普通に動いてた。

つまり浸水はしたけど、乾かしさえすれば問題ないかと。

ヘッドを開けて逆さにして降ってみると、少しだけ水が出る。

これならモーター部までは浸水してないかも?

基盤周りにエレクトリッククリーナーを吹きかけて乾燥させる。

あとは数日、放置乾燥ですよ。

そして1週間後に新利根川で丸一日使用しましたが、問題なかったです。

まあもしモーター部に浸水してたら。

サビの発生は時間差で来ますから、数カ月後はヤバいかも知れませんが。

そしてもっとも懸念してたバッテリー。

これが一番驚きでしたが。

帰宅後、かるく洗ってから再充電してみる。

ボート屋のお兄さんのハナシでは、満充電できるようなら再使用可能だとの事。

なんと満充電できました。

その後にエレキと一緒に一日釣りしましたが、まったく以前と変わらず。

いやあ、水没バッテリーが再使用可能とは知りませんでした!

ボイジャーのディープサイクルバッテリー、完全な密閉構造じゃないハズなんですけどね。

終わりに

今回は桟橋での片付け中での事故でしたが。

これが釣りの最中で、水深が深いとこだったりしたら、かなりパニックですよね。

自分だけがバランス崩して落ちるのは、まだマシなんですよ。

ボートが浸水して沈んでいくのを見るのは、かなり恐怖感をアオルのは確実。

レンタルボートでのバスフィッシング、ふだん思ってるよりも危険が隣り合わせだという事を、あらためて自覚しました。

津久井湖では、2年ほど前にバサーが落水で亡くなってますしね。

*1週間後の霞ヶ浦・新利根川。片付け中に、「ウワー!」という悲鳴。

他のバサーの方が落水、ボートがひっくり返ってました・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする