今年の初バス・霞ヶ浦(洲の野原)

「霞のバスは、桜が咲けば釣れ始めるよ」

以前に、村田基さんが言ってたセリフ。

いやホントにそうなんです。

桜の開花前と後では、反応がまったく違います。

というわけで春爆を期待しつつ、今年初のスノヤワラ釣行に行ってきました。

春爆=春の爆風

春にいちばん厄介なのが、この南西の爆風。

それまでの北東寄りの冬の風と違って、暖かい風なのはいいんですが・・

まるで台風のように吹き荒れるので、かなり危険なんですよね。

霞ヶ浦は浅い湖で、さらに岸側が護岸されてるところが多い。

これがカスミ独特の三角波のようなウネリを生み出すので、バスボートですら危険な時があります。

この日も午後からは、かなりヤバかったです。この湖では初めて、命の危険を感じました。

バス釣り

フットステップ

6:00 いつもの松屋さんから出船。

松屋ボート

水温15℃からスタート。

連日の春の爆風で、水はかなり濁りが入ってます。

まっすぐ川を下り、本湖のスノヤワラへ出る水門を目指します。

この日はスノヤワラへ出たのは私だけ。

他のバサーはみんな、新利根川の上流方面へ向かったようです。

まあ、川の方が魚影は濃いですからね。

スノヤワラ行きの水門

この水門は、冬季は閉じています。

おもな理由は、おそらく新利根川とスノヤワラの水位が違うから。

この日は川は減水気味で、スノヤワラの本湖側は増水気味でした。

水門が閉じてても、横の閘門から出入り出来ます。

スノヤワラ行き

この閘門をくぐって通過すると、気分はバサーオールスタークラシック

「ここでの時間のロスが、あとで痛いミスになるか?」

プロ気分の妄想にハマりつつ、通過。

まあ、そこはドシロートのワタシ、痛くも痒くもありません。

7:00 洲の野原・シャローフラット

スノヤワラのバス

このポイント、全体的にプアでパッとしないエリア。

水深も0.6mぐらいのドシャローのフラットが延々と続きます。

護岸の合間にアシが点在、地形変化も乏しい。

見るからにショボいエリアなんですが・・・

ゴロタがボトムに入っていて、全体的にハードボトム。

そして一部に深く掘られた場所が、沖から続いてます。

ここを通り道にして、フィーディングモードに入ったバスが入ってくるスポットがあるんですね~。

この長いストレッチの中の、ほんの10mぐらいのスポット。

ここは、バスが入ってくるタイミングがすべて。

フィーディングタイムじゃなければ、いるのはボラだけ。

でも入ってさえいれば、バスのやる気は十分。

わりとカンタンに、ハードルアーに喰ってきます。

「ドンッ!」

「ゴゴンッ、ゴゴンッ」

霞ヶ浦のバス

パームス・エッジプライドのグラスロッドが、いい感じに曲がってます。

やたらと重量感のあるファイトを見せた、この日のファーストフィッシュは、約38cm。

ウェイトはかなりありそうで、パンパンに固太りしたバスでした。

たぶん、キロは超えてそう。

今年の初バス、まあまあ悪くはないサカナで、ちょっとうれしい。

デルタフォース 3/8オンスに自家製ブラスメッキブレードの、いつものパイロットルアー。

アシ際の着水から、2mほど手前に泳いだところでバイト。

これは今日のバスは、アシの中には入ってないってこと?

とりあえずひと流しでここはやめて、妙岐水道に向かいます。

8:00 妙岐水道

さて今日の妙岐水道の反応はどうだろ?

スノヤワラの妙岐水道

ファーストフィッシュの食い方から、いきなりアシ際に撃ちに行くのは控えます。

さっきと同じスピナーベイトでもよかったんですが、ファーストブレイクのエッジも通したかったので、ここではクランクベイト。

OSP・ブリッツMRなら、助走距離3mでちょうどいい深さをヒットするんじゃ?

最初にチョイスしたカラーは、オリジナルの″マッディ・マッキー・ブラック″

ただマッキーのマジックで、黒に塗っただけ。

霞ヶ浦でブリッツMR

丹念に撃っていきますが、まったくバイトは無し。

っていうか、今日の妙岐は生命感があまりない。

ローランスのスクリーンにも、いつもは山盛りに写るベイトフィッシュが、まったく写りません。

600m以上あるストレッチを流し終わり、2回目の妙岐水道アタック。

今度は撃ちです。

OSP・ドライブビーバー3.5の直リグ。ラバースカートバージョン。

強風で吹き溜まった、アシの切れ端のマットなんかも、細かく撃っていきます。

ストレッチの真ん中辺り、他より水深がある場所。

着底後の2アクション目で、「グンッ」とティップが入るバイト。

ロッドティップを下げて、ラインスラッグを巻き取る分だけタメてから、フッキング!

「バシュッ!」

・・・・ドライブビーバーが帽子に直撃。

スッポ抜けました。

「やれやれだぜ・・・」 リグをチェック。ワームのズレを直してから、爆撃続行。

以降、音沙汰なし。

結局、その後はシャッドテールの7gヘビダン、Bスイッチャー4.0でのブレイクのクランキングと、4往復しましたが、バスからの反応は一切ありませんでした。

そして風が北東風から南西風に変わり、強さを増してきました。

しかたないので、スノヤワラのワンドに戻ります。

しかし・・・・

11:30 妙岐からワンドへ

Tenki.jpの天気予報でも、この時間から南西風の強風の予報はあったんですが。

ちょっと予想を超える爆風と、それに伴う三角波。

しかも妙岐の4往復で、バッテリーがかなり消耗してます。

だいたい、ボート屋から妙岐水道まで、約3km。

さらに600m以上ある水道を4往復。

まあ、ちょっと無茶だったかも?

54ポンドエレキ全開ですが、まったく進みません。風に吹き戻される状態。

しかも三角波が叩きつけ、ボートの椅子に座ってるのもムリな揺れ。

ボートのフラットな床に座り、両手はボートのフチをしっかと握って、なんとか耐えます。

「これはちょっと、ヤバいか? シャレにならないかも?」

松屋ボートに通って20年以上ですが、初めて携帯で救援の要請を考えました。

とりあえず、腰に巻いた膨張式ライフジャケットを再チェック。

その時です。

妙岐水道と洲の野原の境目、稲敷大橋下でもがいてたんですが、風上側の方を見ると、アルミボートのバサーがアシ撃ちしてるじゃないですか! まるで何事もないかのように!

「この橋下さえ脱出できれば、あそこまで行ければ、助かる!」

普段はバッテリーのスペアは積まないんですが。

この日は元々、ある程度の強風下の長距離走行を想定してました。

そこで松屋さんから、スペアバッテリーをレンタルしてたんですね。

慎重かつ素早く、ボート後尾に移動、バッテリーを繋ぎ変えます。

その間にボートは、また妙岐水道まで吹き戻されてます。

バッテリー交換後、フルパワーでペダルを踏みます。

「前進した!」

ボートが風と波に逆らって、ゆっくりですが進みました!

波に対して45℃の角度を保ちながら、ジリジリと安全地帯まで前進します。

12:45 スノヤワラ北ワンド

さっきまでの爆風がウソのよう。

ある程度の風とウネリはありますが、釣りは可能な状態です。

けっこう危険な状態にいたせいか、釣りを続ける気は吹っ飛んでたんですが。

いったん安全地帯に入ってしまいますと、またもやロッドを握ってしまいした。

ここから新利根川方面まで、帰りながらやるつもり。

ただ、それなりに荒れてますので、出来る釣りは限られてるでしょう。

さすがにアシ際には居られないだろう、ことで、アシから5mぐらい沖までをプロダクティブゾーンとして巻きます。

クランキングしたかったんですが、ミスキャストした場合、この風では回収が困難なのを考慮して、スピナーベイトをチョイス。

ここは、アシから2mぐらい沖まで、沈み杭が乱立してるエリア。

杭回りを起点にしてクルーズしてる、スイッチの入ったバスが少しは居そうです。

風の影響があるので、ボートポジションはアシから10mぐらい、ショートキャストで巻いていきます。

アシ際に落としたデルタフォースが、乱杭のポイントを通過。

2mほど手前に泳いできたところで、水中の何かに捕まり急停止。

感触としては、隠れ杭に根掛かりな感じ。

しかしカラダは勝手にフッキングしてました。

フッキング時の感触も、根掛かりっぽい、ぜんぜん動かない手応えでしたが、かまわずゴリ巻きします。

なぜなら、スピナベでデカバス掛けた時に見られる、特有のアタリだったから。

「ゴンッ」

「グン、グン」

ようやくサカナが暴れ始めました。

「こりゃ50アップいったろ?」

手応えに確信します。

エッジプライド・Vグラスの4パワーだと、このサイズでも相手に何もさせずに、さっさと寄せられます。

ゴリ巻きで一気に寄せて、サクっとアゴを掴んでランディング。

スピナーベイトでバス

ぜんぜん50はありませんでした。

44ぐらい?

ちょっとこのサイズとは思えない、アタリとファイトでしたけど。

写真の撮り方がヘタ過ぎるのでアレですが、こいつも相当エサ食って鍛えてる系。

長さのワリには筋肉太りして、かなりのウェイトがありそうでした。

14:00 帰着

同じパターンを期待して撃ち続けましたが、その後は何もなし。

予定通り川に入って、ボート屋まで戻ります。

松屋さんの2代目の奥さんと、3代目の若旦那に結果を報告。

サイズ、数、ともに暫定竿頭だそう。

まあ、まだ帰ってきてないボートが3,4艘はいたはずですから、必ず抜かれるとは思ってましたが。

結局、数は5本釣った人が。

ただし、サイズは私の44cmが最高でした。

違う意味での春爆を喰らいましたが、今年の初釣行はまあまあの出来だったかな?

ひさしぶりに、落水の可能性も味わいましたしね。

スピナーベイト

本日のバスをキャッチしたタックル

ロッド・パームスエッジプライド・EPVC604

リール・TD-Z105HL・SVスプール

ライン・サンライン・ステューター 3.5号

ルアー・エバーグリーン・スーパーデルタフォース 3/8オンス シングルウィロー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする