新利根川と戸面原ダムのWリポート

べつに1日で両方のフィールドに行ったワケではないですが。

片方がノーフィッシュ、もう一方がカメラを水没させて画像ナシなので、記事にアップさせてなかっただけ。

そこで2つまとめて、文字だけのショートコンテンツでチャッチャと書いちゃいます。

目標、1500文字以内。

OSPと新利根川

初冬の新利根川

いつもなら。

11月に入ったら、カスミの新利根川や洲の野原には殆ど行きません。

基本的に冬バスはやりません。

冬はトラウトと、たまにシーバス。

冬バスは修験者みたいな人たちにまかせとけばいいんですよ。

冬バスなんて、ただの修行ですよ。キリギリスなボクチャンには辛いだけ。

スピナーベイト

でもまあ、今年のカスミの水温とわたしのやる気、ちょっといつもより高目維持。

それと夏以降は川ばっかりで、スノヤワラをやってなかった。

だから年内にもう一回ぐらい、スノヤワラでデカイのを狙ってみたくて。

11月も半ば過ぎに入って、水温は13℃。

まあ、まだまだイケる水温。

風は北東の1.5mぐらい。ドピーカンです。

んで、結果から言うと・・

完デコ

アタリすらありませんでしたわ。

洲の野原の南ワンド、尾島ワンド、ゴロタエリア、妙岐水道、真珠棚を14時までみっちり。

スノヤワラとOSP

その後は悪あがきで新利根川に戻って、矢板エリアまでは頑張りましたが。

カスミで完デコは・・・

ひさしぶりすぎて・・・

なんか、

霞ヶ浦

「人間がなぜ泣くのか・・理解した」

そんな気分。

持ってる引き出し、全部開けてみましたが。(2つぐらいしかありませんが)

ちなみに、松屋常連のA級バサー氏が、シャッドでなんとか2匹。

この人がいつも2ケタ釣ってくる時、私が半分の5,6匹釣るってのがいつものパターン。

この人が2匹じゃ、私の出番はあるワケない。

いちおう振り返ってみると。

サカナが散ってたのも、シブかった原因ではありますが。

でもサカナの前にルアーを通せてる時も、何回かあったはず。

単に食わせられなかった(食うルアーをチョイスできてなかった)のが敗因かと。

ほんと、バスってセレクティブですよね。

私なんか、毎晩カレーでも全然オーケーなんですけどね。

戸面原ダムでノーフィッシュ?

そしてトズラ。

夏の間は、あれほど調子良かった戸面原ダム。

10月後半からは、か~なり釣果は落ちてます。

9月いっぱいで、農業用の放水がストップ。

それ以降は完全満水状態。

発電や台風に備えての水位調整をしないので、水がタップタプのまま動かないんですよ。

流れはないし、バンクはオーバーハングが水に浸かった状態なんで、奥まで打ち込むことが難しい。

これは案外キビしいですよ。

水温は16℃からスタート。

今日もヘラ師さんが満員御礼。

朝イチは、桟橋横の崩落現場。

表層近くをスピナーベイトで流してみると、クンッと手応え。

水中の立木だと思ってアワセなかったら、ゴワンと水面が盛り上がる。

アタってたのね。

OSP

そしてボート屋から左の、バックウォーター方面のチェック。

釣れる気はしなかったのですが、やはり生命反応なし。

戻ってきて、水中の馬の背を狙ってみる。

満水でブレイクの杭が見えないが、魚探を頼りにクランキングと3.5gダウンショット。

カスリもしないので反対側の上流方面へ。

バックウォーターは先行者居たので、近くのワンドへ移動。

カスミっぽいシャローフラットのワンドの、バンクのブッシュのカバー撃ち。

ここは期待してたのに、まったく反応なし。

う~ん・・・

さらにワンドを2つ廻って、すでに4時間経過。

ボート屋に戻って、恒例の焼きそばタイム。

さっさと食べ終わって、ボート屋のご主人と女将さんに励まされながら、第2部のスタートですよ。

この時には、まさかのトズラでのノーフィッシュがチラツキ初めてました。

ヘラ師さん達が並んでるエリア、奥に浮きゴミがあるんですが。

話し掛けながら入らせてもらう。

黒のドライブビーバーのペグ止めフリリグ、スルっと浮きゴミに撃ち込む。

ガッガッガ!

フッキング! 久しぶりのビジュアル系カッコ重視のフッキング。

35cmぐらいのバス!

やっとファーストフィッシュ。

写真撮ろうとカメラ(iphone4s)を探すと、ボート上のどこにも無い。

まさか・・・

ボートのスノコをめくると、ボート底の水たまりに水没中。

水没iphoneのお約束、バックライトが常時点灯状態で機能停止しちゃってます。

まあ、しょうがない。

とりあえずノーフィッシュは脱出できたので、移動します。

減水時には消滅するワンドがあるんですが。

満水になってから、一度しか入ったことないワンド。

満水でも水深1mぐらいのシャローフラット。

ここのブッシュを撃ちまくってみます。

撃ち初めて数分後、明確なアタリ。

抜き上げると、30cmぐらいのバス!

よっしゃ!サイズダウン!

移動!

この日は14時までに上がりたかったので、ラストの移動。

選んだのはキャンプ場下のワンド。

これまで釣れた場所と、条件が似てるトコ。

バンクを撃ちながら風でボートを流す。

ここみたいな静寂な小場所、極力エレキを踏むのは避けたいです。

大きく水に浸かった、オーバーハングの手前のバンクにピッチング。

油断してバックラッシュ。

わたし、ピッチングの時はマグネットブレーキはゼロ。

メカニカルブレーキも、スプールがガタつくほどユルユルですから、油断するとバックラしやすい。

ラインを引き出してバックラを直す。

その間も、ボートは風で進んでます。

バックラが直った時には、引き出したラインが冠水したオーバーハングの下をくぐってました。

そのままリグを回収しようと巻いてみると、なんか重い。

半信半疑でスイープにアワセてみる。

かすかに生命反応。

ダメ押しフッキング!

釣れてました。

本日の最大魚の40弱が。

タイムアップが近かったのと、まぐれ釣れちゃったフィッシュに心が折れて、帰着。

ご主人の「あれからどーでした?」に、かろうじて3匹と返答します。

「おお!さすが!」とご主人。

全然さすがじゃないんですが、とりあえず御礼を言って、片付けです。

冬が近くなって、トズラも難しくなりました。

年内にあと1,2回は来てみようかな?

OSPドライブビーバー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする