愛用のロッド・グラスロッドなど

前の記事でも言いましたが、またショートロッドに戻ってしまってます。

ホームが霞ヶ浦だし、基本スタイルがシャロー、バンク撃ちなので、ピッチングにしろ、ミドルキャストにしろ、とにかく手数が勝負。

ハイテンポでバンバン撃っていくには、6ft~6’10ftぐらいがちょうどよいサイズ。

理想をいえば、ピッチング用が6’10、バンクビーティングのマキモノ用が6’3ぐらい?

でも去年ぐらいから入れ替えしたロッド類は、もっと古めの6ftジャストと6’6ft。

いまさらエッジ・プライド

バスにはパームス

最近のバスフィッシングでは、すっかり忘れ去られた感のあるブランド、パームス

アングラーズリパブリック社のブランドがPALMS(パームス)です。

このブランドはまだあるんですが、かつての栄光も今は見る影もないですねえ。

OSP

このパームスの旗艦、エッジ・プライドといえば、テムジンやバトラーリミテッドなんかと並んで、最高級バスロッドの代名詞でした。

高すぎて買えなかったですね。

当時ではありえないくらいの軽さ(今でもかなり軽い)、感度、ベンディングカーブの美しさなど、ほんとに欲しかった!

そのエッジ・プライドが、黄色いお店で数千円で売られてるのを見たのが始まり。

MHパワーの6’6ftのモデル、EPGC665なんですけど。

シャレで逝っといたワケですよ。

で、ジカリグのカバー撃ちで試してみる。

当時はジカリグにハマっていたんですが、フッキングにちょっと問題を抱えてたんですね。

フックがフリーなせいか、フッキングが甘くなりバレやすい。

最近のトルク型のベリーが粘るタイプのロッドだと、どうもビシっとフッキング出来てないことが私は多かったんです。

で、このロッドで釣ってみると、面白いくらいフッキングがキマる。

しかも15年ぐらい前の製品なのに、感度も高い。

そしてなにより、アクション。曲がり方ですね。

レギュラー気味のファーストアクションなんですが、とにかくクセがなくて扱いやすく、投げるのも掛けるのも自然なフィーリングが気持ち良い。

このロッドデザインは、今は独立されてTaper and Shape社をやられてる、島津靖雄さんなんですが。

やっぱり島津さんって、評判通りの天才ロッドビルダーなんですね、って事がよく分かりました。

さてEPGC665がここまで良いと、とうぜん他のモデルも欲しくなりました。

どうせ黄色いお店で安いし。

エッジと言えば、なんといってもグラスロッドのVグラスシリーズが有名。

もともとグラスロッド派ですから、当たり前のように逝くわけですよ。

エッジ・プライド Vグラス

エッジ・プライドのVグラス。

グラスとは思えないシャープさと軽さで、当時はすごく有名だったモデルなんですが、試してみたこと、一度も無かったんですよ。

オクでEPVC603という、6ftのミディアムパワーのモノが安く出てたので購入。

まずは3/8オンスのスピナーベイトでのバンク流しで試してみます。

で、バンク撃ち開始早々にこれ。

グラスロッドでスピナーベイト

48cmぐらい。

腰のしっかりしたグラスロッドだと、この手の巻きではオートマティックでフッキングします。

「ゴンッ」って来て、ティップとベリーが入ったら初期掛かりは完了してますので、追いアワセ的に腰をひねってアワせる。

使えるグラスロッドは、これで太軸のシングルフックが貫通しますが、柔いだけの使えないグラスロッドだと、貫通できなくてバレますね。

これまではメガバス社のグラスロッド、トマホークシリーズをずっと使用してたんですけど。

トマホークは、いわゆるカーボンコンポジット。

フルグラスの欠点、

重い

ダルい

フッキングパワーが弱い

感度が悪い

などをカーボンコンポジットでなんとかしようってモノですよね。

ちなみに最初にVグラスで投げた時、そして画像のサカナを釣った時ですら、このVグラスもカーボンコンポジットだと思っていました。

それくらい軽いしシャープ。

トマホークより軽いです。

でもこれ、フルグラスなんですね。

フルグラスで何故こんなロッドに仕上がるのか?

秘密は材質よりも、テーパーにあるそうです。

ビルダーの島津靖雄さんといえば、「テーパーの魔術師」なんて呼び名がありました。

ここでいう「テーパー」とはロッドの曲がり方の事ではありません。

ロッドって、バット部の太い部分から、ティップにいくに従って細くなっていきますよね?

この角度のことをテーパーといいます。

島津さんはこのテーパーの付け方が、悪魔的にウマいらしい。

じっさい、日本のロッドビルダーでテーパーにコダワってる人って、ほとんどいないなんて聞きます。

Vグラスの評判は当時から聞いていましたが、正直に言ってここまでとは知りませんでした。

さっそく604と664を買い足したのは言うまでもありません。

グラスロッドじゃないとマキたくない

私の場合、バス釣り始めたころからのグラス好き。

まあラインがPEなのも理由なんですけど。

でも日本だと、グラスっていまいち人気ないですよね。

しかも不人気の理由でよく言われるのが、

「グラスって投げにくい。」

ってヤツ。

コレは私的には納得いかないんですよ。

だってグラスロッドって、カーボンロッドよりキャストしやすいモノだから。

なぜか?

カーボンにくらべて、グラスファイバーって柔軟性が強く、曲がりやすい。

つまりバックスウィングの時に、軽いルアーでも重量を乗せやすいんです。

しかもカーボンみたいに反発力が大きくないので、タメが効く。

そして反発力は強くないのに、元に戻ろうとする復元力はカーボンより強いので、重量級ルアーでもしっかり押し出す。

具体的に言うと、同じロッドで扱えるルアーのウェイトの幅が大きい。

1/4オンスから1オンスぐらいまでは同じロッドで楽にイケます。

しかもバックスウィング時の一瞬のタメで、きっちり狙える。

グラスのこの感覚に慣れると、キャストコントロールの精度はカーボンより上だと思います。

石積みのリップラップをシャロークランクで流す、延々と続くアシ際をスピナーベイトで撃ちまくる。

こういった釣りには、グラスロッドはサイコーですよ。

スピナーベイト

グラスは根掛かり回避能力がハンパない

すべてはグラスならではの柔軟性なんですが。

特にクランクベイトを巻いてる時に顕著なんですが、リップが障害物に当っても衝撃を吸収するので、致命的なスタックをかわしやすいんですね。

アタリと勘違いしてフッキングさえ入れなければ、ほとんどハズせる。

でもここで重要なのが、それがアタリだった場合。

根掛かりを回避するだけだったら、どんなグラスロッドでも出来るでしょう。

でもそれがサカナだった場合に、サカナの口にきちんとルアーを絡められるのが良いグラス。

この点では、メガバスのトマホークもかなり優秀でした。

メガバス・F4-59TX。5’9のショートロッド。デカバスのキャッチ率ではいまだにMVP

グラスはバレにくい

素材の柔軟性、追従性が高いグラスファイバーですから、当然ですね。

サカナの動きにロッドが追従しやすい。

あと、フッキングしたルアーがハズレにくい。

キチンとフックアップしてるルアーが、なぜハズレてしまうのか?

ルアー自体の重さからくる慣性力だったりもしますが、カーボンの高弾性の反発力も原因としてあると思います。

で結局、エッジ・プライドの何がイイのか?

途中からグラス押しに脱線しましたが。

結局、2000年代初期の製品であるパームス・エッジプライドの、何がそんなに良いのか?

天才ロッドビルダーの島津靖雄氏のテーパーデザインであったりもしますが、一番のキモは、エッジプライドの全シリーズが、同じアクションである、という事です。

つまり、使用ルアー別にアクションを変えてない。

ロッドの強さは1~6までありますが、アクションはすべて同じです。

これは、レジェンドのリック・クラン氏や、大森貴洋氏の「ワンタックル理論」にも通ずるモノがあるような気がします。

違うパワーのロッドに持ち替えても、同じフィーリングで扱える。

これって、釣りのリズムをキープする上でかなり大事な気がします。

しかし、リールのTD-Zにしてもロッドのパームス・エッジプライドにしても。

私って、完全に時代に逆行してますね。

逆行ついでに、次では愛用してるスピナーベイトの紹介です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする