デスレイクの汚名返上? 津久井湖

またまた津久井湖ですよ。

前回ちょっと釣れたからってねえ。勘違いしてまた来ちゃうんですよ。

ホントは霞ヶ浦のスノヤワラ、新利根川に行きたかったんですが。

あそこは6月の週末、全部トーナメントで埋まってます。

ライブウェルを使うトーナメントの全廃止論者の私としては、なんともやるせない。

6月だけで何匹のバスが死ぬんでしょうか?

カスミのサカナ、そうじゃなくても減ってるってのに。

まあ予報では、ザンザンどしゃ降り。

しかも半日フィッシング希望としは、お手軽に来れる津久井湖しかないワケですよ。

全部下道のみで高速費掛かんないし、リッター5kmしか走んない私のスーパーエコカーでも、燃料計の一目盛り分で来れる津久井湖。

途中でストップフィッシングして帰宅しちゃっても全然平気。

朝6時のゲートオープン前に、一番乗りで到着しました。

朝からいきなりトラブル

ボート屋の感じの良い女将さんに受付してもらって、さっそく桟橋へ。

今日は桟橋ありました。

水位は前回より1.8mダウン。まあ夏季の通常より1mぐらいダウンでしょうか?

すでにけっこうな雨脚。

せっかく一番乗りだったんで、さっさとセッティング済まして、桟橋脇のシャローをバージンで撃ちたい。

ここで重大問題が発覚ですよ。

モーターガイドのピンが脱落

エレキのシャフトを取り付ける部分。

マウントのドアのピンが無い・・・・・

ドアがパカパカ状態。

このピン、過去にしょっちゅう脱落しかかるんで、何度もつけ直してましたが。

クルマのトランク内や桟橋周辺を探してみるけど、まったく見つかりません。

途方に暮れて、とりあえずボート屋さんのスタッフの方にピンを借りれないか相談してみる。

ただ私のマウントって、16リトルゲーターなんで現行のヤツとは合わないんですよね。

スタッフの方は前回とは違う人でしたが。朝の出船時の忙しい中、親切に対応して頂きました。

なんとマウントが付いたバウデッキごと貸してくださった!

唯一旧規格のマウントが付いたサウザーのバウデッキ、それを丸ごと借り上げ。

本当にありがとうございました!

さすがに魚探のマウントはないので、ロランスはサウザーデッキのトレイ部分に転がしときます。

トラブルですっかり出遅れましたが、やっと出船ですよ。

07:00 ファーストフィッシュ

目当ての桟橋横シャロー、すでに3艇に張り付かれてる。

仕方ないので、その先のバンクを狙います。

バンクから沖に向かって倒木が沈んでるスポット。

いかにもなポイントですが、プレッシャー高すぎで釣れなさそう。

バンクに乗せるようにキャストしたドライブシャッド、着水させてからスローに沖目に引いてきます。

水中の倒木の枝周りの上を通過中、なんか黒いのが下から出てきてドライブシャッドが視界から消滅。

釣りスタート直後だったんで、ちょっと放心状態でバグってしまいました。

ロッドティップが入ったので、バグりながらもヨタヨタフッキング。

バス

開始5分くらい? いきなりファーストフィッシュ。

ここは本当に津久井湖か? オレ、寝ぼけて戸面原ダムに来てる?

しかしトズラではないので、その後が続きません。

その後は下流側を流した後、Uターン。

減水でシャローになってるエリアに入ってみる。

沖にはブレイクをやってるボートが何艘かいますが、シャローはだれも入ってません。

バンクの草に乗っけるようにドライブシャッド。

着水から1秒後に、「ググンッ」

いい感じにファイト、アゴをつかもうとしたらバシャバシャ。ポロンッ・・・

「なんだよ~もう」

ワームのズレを直してキャスト。

「ゴンッ!」

マジか? 入れ食いじゃないですか!

OSPのドライブシャッド

今度は40ぐらいある。

ここまで、釣り開始から1時間以内。

OSPさん、ドライブシャッドのPVの津久井湖編の第二弾、T.Namikiの代わりに私を使ってください。ギャラはドラシャ1年分でけっこうです。

さて、ここからは一気に最上流、沼本方面を目指します。

津久井湖・上流部

今日はあと3時間ぐらいで上がるつもり。

雨もけっこうな降り具合、長居する気はありません。

沼本までの途中はいっさい撃たず、相模湖からのオーバーフロー部を目指します。

なんかあの辺で50アップが連日上がってるので、どんなスポットか見ておきたい。

エアレーション

途中で見かけた、津久井湖名物のエアレーション。

津久井湖バージョンの鳴門の渦ですよ。

これがあるんで、真夏でもアオコの発生が無いのが津久井湖。

ちょっと先にもまたあります。

OSP

これから夏に向かって水温急上昇なんかすると、このエアレーションがキーになる事が増えそうですね。

あとは秋のターンオーバー時とか。

さて沼本に到着ですが。

ここから見えるだけでも、相模湖からのオーバーフロー部に3艇、道志川のバックウォーター方面にあと3艇いるのが分かります。

ちょっと割り込む気にはなれませんね。

まあオーバーフロー部のスポットだけ、3艇が撃ち終わった後を魚探がけして様子を探ります。

なるほど、デカイのが入ってきそうなスポットです。

ここはまた次回にでもためしてみましょう。

ここからUターン、津久井観光の桟橋方面へ戻ります。

帰路はドライブビーバーのペグ止め、フリーじゃないフリリグで3~4mラインを探りながら。

まったく異常なしのまま、昼ちょい過ぎに無事に桟橋に帰着。

スタッフの方にハナシを伺うと、やはりこの雨でみんなはもう上がってるそう。

数は最多でも4匹とふるわなかったが、なんと50アップが2本出てる!

そのうちの53cm、私のファーストフィッシュの倒木のトコだとか。

サノバビッチですよ!

やはり出遅れてた!

私が着いた頃には、親玉は抜かれてたんですよ。

私が釣ったのは下っ端!

手下ですよ。

このままでは終われませんよ。今年は津久井湖通いが増えそうです。

アイシャルリターンマザファッカーですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする